【重大発表!】

おはようございます。「第7回全国いのちの食育書道展」
は審査会も無事終了しました。

今年度は作品総数も6千点を超え、最高の数が集まり、作品のレベルも格段に向上しました。

審査委員長の長野先生も
「素晴らしい。審査会の手順も良かったし。これからももっと期待できる!想像以上だ!」
と結果に太鼓判を押してくださいました。

審査委員の竹内先生も今回初めての参加でしたが、びっくりしてくださいました。
「こんな立派な審査会。お手伝いの人もみんな素晴らしい。作品も素晴らしい。
これは今後ももっともっと多くの方に知って欲しい!」と賞賛くださいました。

紅林審査委員は過去の手順を改め、審査会がスムーズに行われるように指導くださり、前段階の準備に来てくださいました。
作品の絞り込みや、各学年の作品を順番にして審査をしやすくしてくださいました。

午後5時からの審査は厳重に行われました。

「第1回目全国いのちの食育書道展」を開催するにあたり、私が決めていたことは
房仙会の生徒は入賞させない!ということでした。

様々な展覧会の審査委員をしています。
その中で見苦しい現状がありました。
審査委員と言う立場になると、権力で己の生徒を優位に出来るポジションがあります。

私が過去嫌だと思っことをし続けたら、
改革はあり得ないので、しないと決めたのです。

しかし、入ったばかりの生徒には現状を伝えにくく、房仙会の生徒も書いてもらわないとどのくらいの作品数が集まるか不安な船出でした。
なので、公表はしませんでしたが過去に房仙会の生徒も入賞した方はいます。
子ども達は昨年初めて入賞者をだしました。審査委員の先生達が選ばれた作品を辞退しようとしたとき、「子ども達の心も考えてください。」と言われ初めての表彰式の参加も経験しました。

誤解ないように付け加えると、房仙会の師範の生徒や有段者が入賞したことは一度もありません。
一年未満の新会員が入賞していました。房仙会が出すと
毎回上位賞をとれちゃうからです。何もしなくても上位になることを生徒は知っているから賞には全く興味も無く今まできました。

今年も私の直接指導している三島房仙会の子ども達は一人も書かせませんでした。
書かせて入賞出来ないことは子どもに理解させられないと考えたからです。

しかし今年

文部科学大臣賞を房仙会の大人の生徒が獲得したのです。
(まだ本人も知りません)

そのことで誤解を生みたくないのです。

日頃のマスコミの報道について意義を唱えたいぐらい
私の中では腹立たしいことが沢山ありました。

相撲界のこと・・・
不倫のこと・・・
いっぱい、いっぱいあります。

取り上げ方が納得出来ないのです。

書道界で革命を目指し、批判されるのを覚悟で始めた
「全国いのちの食育書道展!」

案の定沢山いわれました。
色を使うのは書道ではない!
画を入れるなんてとんでもない!と先輩に注意されました。

でも継続した結果、本当に喜んで、喜んで、楽しんで出してくれる方が増えました。

後援も申請しさえすれば許可頂けるまでに信用がつきました。

内閣府は今年は農水省に移管されたため、なくなりましたが、文科省、厚生省、農水省、県各地から後援いただいています。

そんな中ですが。
今回で終わりにすること決意をしました。
終わります!
安室奈美恵のように、最高の時、最高に引く!

かっこいいでしょ!

この話は表彰式できちんと伝えます。
だから表彰式は必ず聞きたい人は必ず来てください。
お話させてもらいます。

過去最高の表彰式になります!

えーーーーーーーーー!でしょ?

発表は、きっと今のタイミングでの発表が一番いいのだと思ったので一気に書いています。

止めると決めた!

だからこそ、悩みもせずにできたことがあるのです!

【文部科学大臣賞房仙会の会員が取得しました】

審査会当日、悩みもせずに私がしたことは、その生徒が送ってきた作品を房仙会の会員と知りながら、作品を大人の部
の場所に置いたのです。

その生徒は、一生懸命が空回りしている生徒でした。
締め切りギリギリに一番最後に届いた封筒でした。
作品をみて「これが誰かの生徒だったら、絶対入賞候補だろうな!」と思ったことから始まっちゃったと言うのが正直なところです。捨てられなかったのです。
審査の中でのこの作品がどう評価されるか?見たかったのです。

事前審査の終わりに、この作品がトップに出ていることを知り、紅林先生に伝えようとしました。

その最後までの結果を見たかったからでした。

そして本審査が始まりました。

紅林先生のつけた各学年のトップの順序を覆す長野審査委員長。さすが、違うな!と嬉しくなりました。

当たり前のことですが。
審査委員長としてのご自身の意見をしっかりもっておいででした。

そして、文部科学大臣賞を選ぶ時がきました。
「厳正なる皆さまの投票で行います!挙手をお願いします」
と審査委員長自らが指導で行われた結果
なんとその作品が選ばれてしまいました。

審査委員長も全ての審査委員も一致団結して
「勢いを感じる、線質がいい、考えた文言も食育書道展にぴったり!」と絶賛くださいました。

審査終了後、審査委員長始め審査委員の先生・審査に関わったほとんどのかたのいる前で、私の生徒であること、辞退すべきではないか?ということを問いました。

「厳正なる審査の結果、満場一致で選ばれたのですから、そのままに!」と相成ったということです。

後からの言い訳はしたくありません。

まだ、その生徒にも伝えていません。

皆さまご存じのようにこの展覧会は房仙会の生徒によって成り立っている【世界最強のボランティア集団】です。

今、主要なメンバーが集まり、入稿をしています。
きっと入稿しながら気がつくことでしょう。
今も気がついている人がいるかもしれませんが、誰一人言いません。私が黙っているからです。

最強のボランティア集団なのです。

七田厚先生もおっしゃってくださいました。
「最高のボランティア集団は僕のなかでは、昨年の流行語大賞でした!」 と。

池川明先生も「こんなに言い展覧会、続けたいですね!」と応援くださっています。

私も、手伝ってくれているみんなを裏切りたくないのです。

ですから、この文章はあえて私の個人のタイムラインに発表し、その後HPにも発表します。

事実を知って、事実を受け止めてくれる方ばかりだということを期待します。

後出しジャンケンは嫌いです。

おかしいと言われても、こんな生き方しか出来ません。

今日も大阪から強力な助っ人がきてくれています。

賞の人達に一時も早く知らせをお届けしようとがんばってくれています。

いずれ、みんなも知るところとなります。

どうか、温かく褒めてあげてください。

そして、最高賞をもらったひとが、生意気にならないようにくれぐれも注意して育成させてもらいます。

房仙会が今後とも変な噂に巻き込まれないよう、心から祈ります。
    全国いのちの食育書道展協会 代表理事 福田房仙

Posted on 2018-02-10 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第7回展 | | No Comments »

学校、書塾の先生方へ 募集方法、出品にあたり、ご案内

【募集方法、出品にあたり、ご案内】
全国いのちの食育書道展協会では、皆さまからの出品された作品、一点一点全て丁寧に観させて頂いております。
ですので、お一人様一点のみではなく、何点も出品頂けます。
(多く出品された方が賞に入りやすいかも⁉︎しれません。)
その場合、優先順をつけて出品ください。
(※分かりにくいかもしれませんが、個人の作品の中、さらには団体の中、出す側で順位を決めて出してください)

図を参照下さい。
例えば、Aさんが4作品、Bさんが3作品、Cさんが2作品の場合…
A①②③④
B⑤⑥⑦
C⑧⑨
のように、順をつけてください。
尚、決めて頂いた順を尊重させて頂きますが、その順に賞が決まるとは限りませんので、その旨ご了承ください。)

全国いのちの食育書道展 は、皆様の賛助金により、成り立っております。
だからこそ、毎年毎年進化し続けております。
そこをご理解頂ける方はぜひご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<詳細はこちらから>

【募集要項、出品目録、出品票はこちらからダウンロードいただけます。】

*作品募集要項

*出品目録

*出品票



「全国いのちの食育書道展」とは

賛助金お申し込み用紙

賛助金 広告枠


賛助金募集

平素は「全国いのちの食育書道展」にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

「全国いのちの食育書道展」は皆様方のご支援、ご協力を頂き盛大に開催してきましたことを感謝しております。

「全国いのちの食育書道展」は出品料無料で開催しております。
運営するスタッフも全てボランティアでの参加です。

第6回から、三島市との共催事業として開催しておりますが、
今後規模が大きくなると共にさらに運営費が増大してまいります。

つきましては、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

平成30年度も、皆様のご支援、ご協力を頂き「第7回 全国いのちの食育書道展」を開催してまいりたいと思います。

なお、平成29年の第6回「全国いのちの食育書道展」小冊子には、
ご賛助くださった企業を掲載さて頂き全国の関係者に配布いたしました。


「全国いのちの食育書道展」とは

賛助金お申し込み用紙

賛助金 広告枠


第6回「全国いのちの食育書道展」ご賛助企業

Posted on 2017-10-12 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第7回展 | | No Comments »

表彰式、展覧会場までのアクセス


**********************
近隣の駐車場はこちらをご参照ください。

**********************
三島駅(南口)から表彰式会場までの行き方

三島駅(南口)

ロータリーを信号に向かっていきます

横断歩道を渡り

道なりに歩きます。

1~2分で表書式会場です

 

第7回「全国いのちの食育書道展」募集要項

 

 

 

 

 

※作品応募締め切り 平成30年1月27日(土)必着

《展覧会》
日程: 平成30年3月24日(土) 10:00-16:00
会場:三島市生涯学習センター3階 三島市民ギャラリー
所在地:静岡県三島市大宮町1-8-38
入場:無料

《表彰式》
日程: 平成30年3月24日(土) 13:00-15:00
会場:三島市民文化会館 大ホール 
所在地:静岡県三島市一番町20-5
入場:無料

**********************
【主催及び共催】
主催 一般社団法人 全国いのちの食育書道展協会
共催 三島市
後援 文部科学省、厚生労働省、農林水産省、静岡県、鳥取県、
静岡市、浜松市、沼津市、島田市、藤枝市、御殿場市、裾野市、
伊豆市、伊豆の国市、牧之原市、米子市、静岡県教育委員会、
静岡県文化協会、静岡県教育会館、静岡市教育委員会、
浜松市教育委員会、三島商工会議所、三島市観光協会、
JA静岡中央会、NHK静岡放送局、静岡新聞社・静岡放送、
静岡第一テレビ、静岡朝日テレビ、FMボイス・キュー、三島テレビ放送
**********************

第5回出品券の貼り方

[出品目録について]
学校、書塾、その他団体でのご出品の場合ご記入ください。

[出品券について]
出品券に必要事項をご記入のうえ、
作品の右下にのりで貼り付けてください。

※作品応募締め切り 平成30年1月27日(土)必着

応募資格 幼児・小学生・中学生・高校生・大学生・一般
課題 食に関する言葉、単語を自由に表現した作品
*年齢・学年に応じて使用する漢字は考慮して下さい。
(例)「やさい」「一番のおかずは皆の笑顔」など
応募規定

・用紙:半切4分の1サイズ(タテ約680㎜×ヨコ約170㎜)縦長使用のみ
・書体は自由とし、裏打ち、表装などせず書き下ろしのまま。
・作品には高一、中一、小一、よう(幼)など学年及び氏名を記入してください。
2年生以下の児童・幼児は、名前(苗字を省略)だけでも可とします。
・一般の方は、氏名又は雅号を記入して下さい。
・出品票には住所、氏名を明記し、作品の右下にしっかりと貼り付けてください。
(両面テープ、セロテープ、テープのり、ボンドなどでの貼り付けはご遠慮ください。)

締切日

平成30年1月27日(土)必着*必着

応募方法

・団体 ( 学校、書塾、その他団体、など )
出品目録に必要事項を記入し、
ごと作品をまとめて提出してください。

・個人(ご家族でのご応募含む)
出品票に必要事項を記入し作品の右下に貼り付け、
提出してください。

ご家族でのご応募の場合は出品票の代表者欄へ
代表者名をご記入ください。

郵便又は宅配便で送付して下さい。
(配送にかかる費用はご負担ください。)
なお配送の際には、連絡先(電話番号、メールアドレス)を必ず明記してください。

応募先
〒411-0831 静岡県三島市東本町1-14-19
「全国いのちの食育書道展」事務局

出品料 無料
*応募作品の返却は致しません。あらかじめご了承ください。
審査結果 団体(学校、書塾、グループなど)
代表者を通じてご連絡いたします。個人の方(ご家族でのご応募含む)には、
入賞者のみご連絡いたします。
展覧会

平成30年3月24日(土)10:00-16:00
三島市生涯学習センター3階 三島市民ギャラリー
〒411-0035 静岡県三島市大宮町1-8-38

表彰式

平成30年3月24日(土) 13:00-15:00
三島市民文化会館 大ホール
〒411-0036 静岡県三島市一番町20-5

お問い合わせ
応募先

「全国いのちの食育書道展」事務局
〒411-0831 静岡県三島市東本町1-14-19
電話  055-919-0661
E-mail syokuikuten@gmail.com

その他 個人情報の取り扱いにつきましては、当書道展以外の目的には使用しません。
なお応募した作品の著作権は、主催者に帰属します。

【募集要項、出品目録、出品票はこちらからダウンロードいただけます。】

*作品募集要項

*出品目録

*出品票


事務局より

おはようございます。
とっても嬉しい報告をさせてください。
審査委員長を発表させていただきます。
審査委員長に何とこの先生が決定!いたしました。
長野秀章(竹軒)先生
元 文部科学省 初等科中等教育局
教育課程課 教科調査官
学芸大学教授
現 学芸大学名誉教授
全日本書写書道教育研究会 理事長
(小中高大をつなぐ研究者の全国最大の組織)
書写書道界ではこれ以上の方はいらっしゃいません。
素晴らしい先生にお受けいただき感謝申し上げます。

Posted on 2017-08-12 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第7回展 | | No Comments »

事務局より

彩の国さいたま芸術劇場
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
竹内 文則 理事長が
「全国いのちの食育書道展審査委員」に就任くださいました。
ご紹介いただいた 深澤 公詞様、ありがとうございます。
報告させていただきます。
http://www.saf.or.jp/

Posted on 2017-08-03 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第7回展 | | No Comments »

ボイス・キュー20周年感謝祭に出展させていただきました。

 

 

 

 

 

 

全国いのちの食育書道展に出品するサイズでの書き初め体験や、
山形 中川吉右衛門さんの吉右衛門米や千葉陽平さんのお蕎麦も代理販売予定です。

会場では「食育書道体験」や作品を展示いたしました。

「全国いのちの食育書道展」とは
どんな人でも生きていくうえで、大切なことは健康でいることです。
食の大切さを一年に一度考えるだけでなく、「書」で書き留める事が重要です。
より心に定着することでしょうし、家族で協力して「食」を考えるきっかけとなります。
書道界ではありえない、色をつけたり、絵を描いたり、自由な発想の作品を発表できる書道展です。

 

******************************

下記ボイス・キューさまホームページより引用させていただきました。

【 ボイス・キュー20周年感謝祭 】

日時:2017年6月18日(日) 10:00~16:00 ★雨天決行★
場所:三嶋大社

飲食、癒し、雑貨の販売・出店ブース、
人気アーティストによるステージ披露、
引換券でもらえる「20周年記念てぬぐい」のプレゼント
豪華景品が当たる抽選会にスタンプラリー…!!
などなど、とにかく内容盛りだくさんで皆様をお待ちしています!


ボイス・キューさま
ホームページ http://777fm.com/
FBページ https://www.facebook.com/voicecue
20周年感謝祭FBイベントページ https://www.facebook.com/events/1831042163881187/?active_tab=about


******************************

******************************


大川 有里佳さん
1歳10ヶ月の方から9◯歳まで幅広い方々が書道体験した ボイスキュー イベント
普段筆をもたない方もやってみたい‼︎と、体験され、書の楽しさや深さに触れられていました。
そんな中でもやはり、 福田 房仙先生のご指導は本当に素晴らしく、たった1度のご指導でこんなに変わるのですね‼︎と、皆様喜ばれていました。
全国いのちの食育書道展 へ出品出展作品はもちろん、日常の中の変化へのきっかけにもなっていたように感じます。
参加して頂きました方々、誠にありがとうございます。

******************************

大盛況中です。
たくさんの方々に書道体験して頂いております。

******************************
青木 早希さん
ボイスキュー感謝祭にて全国いのちの食育書道展体験が盛大に開催されました。
多くの皆様がご参加下さり、福田 房仙先生がその場で手をとりご指導下さいました。
・自分で書く。
・先生に手をとって頂きご指導を受けながら書いてみる。
・それをお手本に自分で書く。
一度のご指導で驚くような変化が作品に表れます。
まさに、房仙先生マジック。
1度の指導で上達したという実感と書けた‼という達成感を体験していただき、
皆様が帰られるときにはスッキリ笑顔。
房仙先生に教わりたくて来てくださった方、全国いのちの食育書道展を初めて知ってくださった方などいろんな出会いを頂けたことに心より感謝致します。
本日、出品頂きました多くの作品。
すでに7回目に向けて動き出しているのだと実感しております。
今後とも、応援・ご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

第6回展の様子をまいぷれ三島さんが掲載してくださいました。

2017年3月25日(土)に行われました第6回「 全国いのちの食育書道展 」の様子をまいぷれ三島さんが掲載してくださいました。

▲画像はスクリーンショットです。
まいぷれ三島さんの本記事はこちらです。
http://mishima.mypl.net/mp/info_mishima/?sid=57210

三島市長へ表敬訪問に伺いました

本日は豊岡武士三島市長に「全国いのちの食育書道展」が無事終了したことの報告に行って参りました。
三島市健康づくり課が担当になっていただき共催事業として成長し続けています。市長も大いに喜んでくださいました。
市からは部長、課長、係長も同席くださいましたが、残念なことに写真がありません。
こちらの写真は市の担当係長が撮ってくださいました。
市長が広報のカメラウーマンを呼んでくださり、もしかすると
来月【広報みしま】に掲載されるかもしれません。
お待ちください。一足先にお知らせします。
心音道の息子も店閉めて来てくれて参加くれました。
そして即投稿してくれています。
そちらもご覧ください。

Posted on 2017-04-11 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第6回展 | | No Comments »