第7回「全国いのちの食育書道展」募集要項

※作品応募締め切り 平成30年1月27日(土)必着

《展覧会》
日程: 平成30年3月24日(土) 10:00-16:00
会場:三島市生涯学習センター3階 三島市民ギャラリー
所在地:静岡県三島市大宮町1-8-38
入場:無料

《表彰式》
日程: 平成30年3月24日(土) 13:00-15:00
会場:三島市民文化会館 大ホール 
所在地:静岡県三島市一番町20-5
入場:無料

**********************
【主催及び共催】
主催 一般社団法人 全国いのちの食育書道展協会
共催 三島市
後援 文部科学省、厚生労働省、農林水産省、静岡県、鳥取県、
静岡市、浜松市、沼津市、島田市、藤枝市、御殿場市、裾野市、
伊豆市、伊豆の国市、牧之原市、米子市、静岡県教育委員会、
静岡県文化協会、静岡県教育会館、静岡市教育委員会、
浜松市教育委員会、三島商工会議所、三島市観光協会、
JA静岡中央会、NHK静岡放送局、静岡新聞社・静岡放送、
静岡第一テレビ、静岡朝日テレビ、FMボイス・キュー、三島テレビ放送
**********************

第5回出品券の貼り方

[出品目録について]
学校、書塾、その他団体でのご出品の場合ご記入ください。

[出品券について]
出品券に必要事項をご記入のうえ、
作品の右下にのりで貼り付けてください。

※作品応募締め切り 平成30年1月27日(土)必着

応募資格 幼児・小学生・中学生・高校生・大学生・一般
課題 食に関する言葉、単語を自由に表現した作品
*年齢・学年に応じて使用する漢字は考慮して下さい。
(例)「やさい」「一番のおかずは皆の笑顔」など
応募規定

・用紙:半切4分の1サイズ(タテ約680㎜×ヨコ約170㎜)縦長使用のみ
・書体は自由とし、裏打ち、表装などせず書き下ろしのまま。
・作品には高一、中一、小一、よう(幼)など学年及び氏名を記入してください。
2年生以下の児童・幼児は、名前(苗字を省略)だけでも可とします。
・一般の方は、氏名又は雅号を記入して下さい。
・出品票には住所、氏名を明記し、作品の右下にしっかりと貼り付けてください。
(両面テープ、セロテープ、テープのり、ボンドなどでの貼り付けはご遠慮ください。)

締切日

平成30年1月27日(土)必着*必着

応募方法

・団体 ( 学校、書塾、その他団体、など )
出品目録に必要事項を記入し、
ごと作品をまとめて提出してください。

・個人(ご家族でのご応募含む)
出品票に必要事項を記入し作品の右下に貼り付け、
提出してください。

ご家族でのご応募の場合は出品票の代表者欄へ
代表者名をご記入ください。

郵便又は宅配便で送付して下さい。
(配送にかかる費用はご負担ください。)
なお配送の際には、連絡先(電話番号、メールアドレス)を必ず明記してください。

応募先
〒411-0831 静岡県三島市東本町1-14-19
「全国いのちの食育書道展」事務局

出品料 無料
*応募作品の返却は致しません。あらかじめご了承ください。
審査結果 団体(学校、書塾、グループなど)
代表者を通じてご連絡いたします。個人の方(ご家族でのご応募含む)には、
入賞者のみご連絡いたします。
展覧会

平成30年3月24日(土)10:00-16:00
三島市生涯学習センター3階 三島市民ギャラリー
〒411-0035 静岡県三島市大宮町1-8-38

表彰式

平成30年3月24日(土) 13:00-15:00
三島市民文化会館 大ホール
〒411-0036 静岡県三島市一番町20-5

お問い合わせ
応募先

「全国いのちの食育書道展」事務局
〒411-0831 静岡県三島市東本町1-14-19
電話  055-919-0661
E-mail syokuikuten@gmail.com

その他 個人情報の取り扱いにつきましては、当書道展以外の目的には使用しません。
なお応募した作品の著作権は、主催者に帰属します。

【募集要項、出品目録、出品票はこちらからダウンロードいただけます。】

*作品募集要項

*出品目録

*出品票


事務局より

おはようございます。
とっても嬉しい報告をさせてください。
審査委員長を発表させていただきます。
審査委員長に何とこの先生が決定!いたしました。
長野秀章(竹軒)先生
元 文部科学省 初等科中等教育局
教育課程課 教科調査官
学芸大学教授
現 学芸大学名誉教授
全日本書写書道教育研究会 理事長
(小中高大をつなぐ研究者の全国最大の組織)
書写書道界ではこれ以上の方はいらっしゃいません。
素晴らしい先生にお受けいただき感謝申し上げます。

Posted on 2017-08-12 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第7回展 | | No Comments »

事務局より

彩の国さいたま芸術劇場
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
竹内 文則 理事長が
「全国いのちの食育書道展審査委員」に就任くださいました。
ご紹介いただいた 深澤 公詞様、ありがとうございます。
報告させていただきます。
http://www.saf.or.jp/

Posted on 2017-08-03 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第7回展 | | No Comments »

ボイス・キュー20周年感謝祭に出展させていただきました。

 

 

 

 

 

 

全国いのちの食育書道展に出品するサイズでの書き初め体験や、
山形 中川吉右衛門さんの吉右衛門米や千葉陽平さんのお蕎麦も代理販売予定です。

会場では「食育書道体験」や作品を展示いたしました。

「全国いのちの食育書道展」とは
どんな人でも生きていくうえで、大切なことは健康でいることです。
食の大切さを一年に一度考えるだけでなく、「書」で書き留める事が重要です。
より心に定着することでしょうし、家族で協力して「食」を考えるきっかけとなります。
書道界ではありえない、色をつけたり、絵を描いたり、自由な発想の作品を発表できる書道展です。

 

******************************

下記ボイス・キューさまホームページより引用させていただきました。

【 ボイス・キュー20周年感謝祭 】

日時:2017年6月18日(日) 10:00~16:00 ★雨天決行★
場所:三嶋大社

飲食、癒し、雑貨の販売・出店ブース、
人気アーティストによるステージ披露、
引換券でもらえる「20周年記念てぬぐい」のプレゼント
豪華景品が当たる抽選会にスタンプラリー…!!
などなど、とにかく内容盛りだくさんで皆様をお待ちしています!


ボイス・キューさま
ホームページ http://777fm.com/
FBページ https://www.facebook.com/voicecue
20周年感謝祭FBイベントページ https://www.facebook.com/events/1831042163881187/?active_tab=about


******************************

******************************


大川 有里佳さん
1歳10ヶ月の方から9◯歳まで幅広い方々が書道体験した ボイスキュー イベント
普段筆をもたない方もやってみたい‼︎と、体験され、書の楽しさや深さに触れられていました。
そんな中でもやはり、 福田 房仙先生のご指導は本当に素晴らしく、たった1度のご指導でこんなに変わるのですね‼︎と、皆様喜ばれていました。
全国いのちの食育書道展 へ出品出展作品はもちろん、日常の中の変化へのきっかけにもなっていたように感じます。
参加して頂きました方々、誠にありがとうございます。

******************************

大盛況中です。
たくさんの方々に書道体験して頂いております。

******************************
青木 早希さん
ボイスキュー感謝祭にて全国いのちの食育書道展体験が盛大に開催されました。
多くの皆様がご参加下さり、福田 房仙先生がその場で手をとりご指導下さいました。
・自分で書く。
・先生に手をとって頂きご指導を受けながら書いてみる。
・それをお手本に自分で書く。
一度のご指導で驚くような変化が作品に表れます。
まさに、房仙先生マジック。
1度の指導で上達したという実感と書けた‼という達成感を体験していただき、
皆様が帰られるときにはスッキリ笑顔。
房仙先生に教わりたくて来てくださった方、全国いのちの食育書道展を初めて知ってくださった方などいろんな出会いを頂けたことに心より感謝致します。
本日、出品頂きました多くの作品。
すでに7回目に向けて動き出しているのだと実感しております。
今後とも、応援・ご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

第6回展の様子をまいぷれ三島さんが掲載してくださいました。

2017年3月25日(土)に行われました第6回「 全国いのちの食育書道展 」の様子をまいぷれ三島さんが掲載してくださいました。

▲画像はスクリーンショットです。
まいぷれ三島さんの本記事はこちらです。
http://mishima.mypl.net/mp/info_mishima/?sid=57210

三島市長へ表敬訪問に伺いました

本日は豊岡武士三島市長に「全国いのちの食育書道展」が無事終了したことの報告に行って参りました。
三島市健康づくり課が担当になっていただき共催事業として成長し続けています。市長も大いに喜んでくださいました。
市からは部長、課長、係長も同席くださいましたが、残念なことに写真がありません。
こちらの写真は市の担当係長が撮ってくださいました。
市長が広報のカメラウーマンを呼んでくださり、もしかすると
来月【広報みしま】に掲載されるかもしれません。
お待ちください。一足先にお知らせします。
心音道の息子も店閉めて来てくれて参加くれました。
そして即投稿してくれています。
そちらもご覧ください。

Posted on 2017-04-11 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第6回展 | | No Comments »

第6回「全国いのちの食育書道展」

第6回「全国いのちの食育書道展」の開催は終了いたしました。


 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

第6回展が盛大に開催することができました。
日本の文化である「書道」と生きる基盤となる「食育」が融合した「全国いのちの食育書道展」は年々、皆さまのご協力で全国的な規模に発展しております。

三島市も食育推進都市として、「全国いのちの食育書道展」をさらに発展させるべくご協力をいただいておりましたが、第6回展から共催事業として大ホール(1200席)になりました。

3月25日(土)に開催されました表彰式には、全国各地より2000名以上の方がご来場くださり、個性豊かな作品の素晴らしさ、食についての意識の高さに感動や喜びの声をお寄せいただきました。

展示会場には表彰作品250点、優秀作品750点計1,000点を展示いたしました。
本年も、九州から山形までの各地域の方々が三島へおいで下さりすばらしいどこにもない展覧会、表彰式となり、皆様から喜びの声を多くいただきました。

「食」と「書道」でつながる感動を分かち合える展覧会、表彰式ができましたのは皆さまのおかげです。

心から感謝申し上げます。

第7回「全国いのちの食育書道展」は来年3月24日(土)に決定いたしました。

素晴らしいこの「全国いのちの食育書道展」をぜひご覧になっていただきたいと思っております。

今後とも「全国いのちの食育書道展」を是非ご支援いただきたく謹んでお願い申し上げます。


【第6回「全国いのちの食育書道展」】

《展覧会》
日程:平成29年3月25日(土) 9:00-16:00
会場:三島市生涯学習センター3階 三島市民ギャラリー
所在地:静岡県三島市大宮町1-8-38
入場:無料

《表彰式》
日程:平成29年3月25日(土) 開式13:00〜15:00
(開場 11:30~ ウエルカムコンサート12:25~)
会場:三島市民文化会館 大ホール 
所在地:静岡県三島市一番町20-5
入場:無料


【表彰】(応募総数:5191点)

文部科学大臣賞
静岡県知事賞
静岡県教育委員会教育長賞
静岡県文化協会会長賞
静岡県議会議長賞
三島市長賞
沼津市長賞
御殿場市長賞
裾野市長賞
牧之原市長賞
伊豆の国市長賞
伊豆市長賞
藤枝市長賞
三島市議会議長賞
三島市教育長賞
富士山南東消防本部消防長賞
三島商工会議所会頭賞
三島市観光協会会長賞
JA静岡中央会賞
JA三島函南農業協同組合長賞
みしまプラザホテル賞
夢そだて賞
ほか


【共催】三島市

【後援】

文部科学省、厚生労働省、農林水産省、
静岡県、鳥取県、静岡県教育委員会、静岡県文化協会、静岡県教育研究会、
沼津市、御殿場市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、牧之原市、藤枝市、米子市、
静岡県農業協同組合中央会、三島商工会議所、三島市観光協会、
NHK静岡放送局、静岡新聞社・静岡放送


『 第6回 全国いのちの食育書道展 審査会 』

『 第6回 全国いのちの食育書道展 審査会 』
2017年2月9日、静岡県三島市保健センターにて第6回全国いのちの食育書道展の審査会を開催。
全国47の都道府県から5000点を超える作品が応募され、今回250点の入賞作品が選ばれました。
応募者の熱い思いが伝わる素晴らしい作品ばかり、3月25日に展示会と表彰式の会場で全国の皆様のご参加をお待ちしています。

Posted on 2017-02-15 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第6回展 | | No Comments »

【祈りの力を信じる!】

全国いのちの食育書道展に手紙が添えられていました。
思わず涙。涙なしでは読めませんでした。
見て下さい。

歩恵夢ちゃんのお母さん!
スキャンして載せて見せたいと思って今まで四苦八苦。
縦ですが読めますか?

========================
わたしの母は「すいぞうガン」です。
あまり長くいきられない といわれました。
でも母は、たいいんして びょうきの人のために しょくじ をつくったり
心書でみんなを ゆうきずけてあげていました。
いたみがつよくなって いまにゅういんしてます。
その母のために、きせきがおきるように いのりをこめてかきます。
母の 一ばんよろこんでくれること それは母を えがお にし
いたみをやわらげる 一ばんのくすりだとおもいます。

母のことはFBに三木仁美にのっています。
わたしのさくひんは歩恵夢のさくひんにのっています。
みてください。
========================

こんな素敵な手紙入りで届いた作品です。
お母さん、みてください。
奇跡を起こしたい!!!!!!!
みんなで「治った!」と思ってください。
きっと治る奇跡が起きると信じています。

 

Posted on 2017-01-29 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第6回展 | | No Comments »

いよいよ締め切りは明日になりました。

いよいよ締め切りは明日になりました。

毎年こちらを見てくださっている人に吉報をお届けしています。

今年は2月9日が審査会になりました。

それまでに何点出品があり 幼稚園生は何人 小学校は何人 中学校は何人 高等学校は何人 一般成人は何人参加してくれたかを分析して 審査会に臨みます。 2月9日にはきちんとしたデータも揃えなければなりません。

三島市長はじめ県議会議員、市会議員、 審査委員、一堂に会して、厳粛に審査いたします。 通常はギリギリまで募集すると言う事はありません。

事務上の手続きに混乱をきたすからです。

でもそこは全国いのちの食育書道展事務局 の踏ん張りで 2月5日必着まで募集を延期致します。

ただし、それ以降は受け付けることができません。

あと大分県 高知県の2県で全国制覇果たします。

どうか高知 大分の方につないでください。 お待ちしています。

どうかよろしくお願いいたします。

Posted on 2017-01-27 | Category : 全国いのちの食育書道展, 新着情報, 第6回展 | | No Comments »